有田 未来

Articles:  1-1 of 1

  • Development of teaching materials for children with visuo-spatial agnosia  [in Japanese]

    稲田 勤 , 有田 未来

    視空間認知障害をもつ小児のための色積木を用いた訓練教材を開発し,3症例に対して訓練を行った.評価はK-ABCの処理過程尺度の同時処理,下位検査項目の絵の統合,模様の構成,位置さがしを評価基準とし,また,3項目の総合得点を空間得点として使用した.結果,3症例の各指標の平均変化は,同時処理+17.33,空間得点の絵の統合+2.00,模様の構成+3.67,位置さがし+4.33,空間得点+8.33であった …

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute (12), 7-12, 2011-03-31

    IR 

Page Top