小栗 秀暢 Hidenobu Oguri

ID:9000242443068

総合研究大学院大学複合化学研究科情報学専攻|ニフティ株式会社 The Graduate University for Advanced Studies, School of Multidisciplinary, Informatics Department | NIFTY Corporation (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The change investigation of k-anonymity level applying the real services, and examination of the rational anonymity level evaluation index.  [in Japanese]

    Hidenobu Oguri , Noboru Sonehara

    現代において,BigData 分析における個人のプライバシーの扱いは,非常に大きな関心事になっている.そのため情報を匿名化することによって漏洩のリスクを減少させる手段が必要とされている.k- 匿名化技術は個人情報の属性値を k-1 個以上に区分することで個人識別性を減少させる技術だが,合理的な匿名状態を規定する指標が存在しないため,実サービスでの適用が難しい.そこで本稿では,実際のサービスに登録し …

    IPSJ SIG Notes 2014-DPS-158(4), 1-8, 2014-02-27

Page Top