山内 俊幸 YAMAUCHI Toshiyuki

ID:9000242924804

東日本旅客鉄道(株) 東京工事事務所 (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • A Study on Strength of Lap Splices with a Rectangular Steel Jacket for Reinforced Concrete Members  [in Japanese]

    YAMAUCHI Toshiyuki , NOZAWA Shin-ichirou , WATANABE Taichirou , ISHIBASHI Tadayoshi

    It was found that the strength of concrete was risen when it was wrapped up in a steel tube. Accordingly we expect that the effect of confined were especially contributes to lap splices. Then we made …

    Concrete Research and Technology 13(1), 77-85, 2002-01-25

    J-STAGE  References (12)

  • 鉄筋の定着部および鉄筋重ね継手部の鋼板巻き補強について--杭・柱接合部・柱継足し部  [in Japanese]

    山内 俊幸 , 野澤 伸一郎 , 渡部 太一郎 [他]

    SED (16), 44-55, 2001-05

    Cited by (1)

  • 1088 Mechanical Properties of Existing Brick Members  [in Japanese]

    MATSUDA Yoshinori , IWATA Michitoshi , YAMAKI Kazuyuki , YAMAUCHI Toshiyuki

    鉄道構造物には多くのレンガ積み構造物が残存している.これら現存するレンガ積み構造の一部を供試体として抽出し,静的載荷試験を行った.その結果,圧縮強度においては通常無筋コンクリートに用いられるコンクリート程度の強度を有し,レンガ積み目地の方向による強度差は,若干見られるものの大差はないことがわかった.また,破壊した供試体はエポキシ樹脂による接合補修を行うことによりほぼ破壊前の耐力に復元されることがわ …

    コンクリート工学年次論文報告集 19(1), 541-546, 1997-06-09

    NDL Digital Collections  References (2) Cited by (1)

  • 2063 Earthquake Resisting of Brick Arch Viaduct  [in Japanese]

    IWATA Michitoshi , MATSUDA Yoshinori , YAMAKI Kazuyuki , YAMAUCHI Toshiyuki

    明治から大正にかけて造られたレンガアーチ高架橋からレンガブロックを採取し、載荷試験を行った結果を2次元弾塑性解析で再現することによりレンガのブロックとしての物性を確認した。また、その物性値を用いて同年代に造られ、その後鉄筋コンクリートで内巻補強されたレンガアーチ高架橋について、汎用有限要素法プログラムを用いて一方向載荷による2次元弾塑性解析を行い、崩壊過程の検証を行った。その結果、破壊過程としては …

    コンクリート工学年次論文報告集 19(2), 399-404, 1997-06-01

    NDL Digital Collections  References (3)

  • 2018 Cyclic Loading Experiment of Reinforced Concrete Column Strengthened with Steel Plate  [in Japanese]

    KANNO Takahiro , ISHIBASHI Tadayoshi , OBA Mitsuaki , YAMAUCHI Toshiyuki

    耐震補強として鋼板巻き補強を行った鉄筋コンクリート(以下、RCという)柱の地震時変形性能を解明するために、正負水平交番載荷実験を行った。その結果、無補強のRC柱に対して大幅にじん性が向上することが確認された。また実験結果から、既往の研究で提案されているじん性率算定式に対し、終局時における鋼板のはらみ出し領域を考慮し柱の断面高さによる補正を行った、より精度の高いじん性率算定式を提案した。なお、本論文 …

    コンクリート工学年次論文報告集 18(2), 113-118, 1996

    NDL Digital Collections 

  • 2001 Strength Property of Longitudinal Reinforcements in RC Column, Subjected to Cyclic Load  [in Japanese]

    YAMAUCHI Toshiyuki , ISHIBASHI Tadayoshi , KANNO Takahiro , OHKUBO Keiichi

    鉄筋コンクリート柱部材が、大規模地震による被害を受けた場合の修復方法の一つとして、屈曲した柱軸方向筋を直線に戻し、その一部もしくは全部を再使用することが考えられる。この場合、問題となるのは、地震の影響を受けた鉄筋の残存能力である。これを調べるため、地震の被害を受けた実構造物の柱主鉄筋と、交番繰返し載荷を行った後の模型供試体の柱主鉄筋とを加熱矯正し、引張試験を行った。その結果、前者の鉄筋ではJISに …

    コンクリート工学年次論文報告集 18(2), 11-16, 1996

    NDL Digital Collections 

  • 2118 Repeat Lateral Loading Test of Much Reinforcement Concrete Beam-Column Joints  [in Japanese]

    YAMAUCHI Toshiyuki , FURUYA Tokiharu

    コンクリート工学年次論文報告集 16(2), 713-716, 1994

    NDL Digital Collections 

Page Top