木下 敏雄 KINOSHITA Toshio

ID:9000246826651

EMCT研究会 EMCT Study Group (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 44

  • 1 / 3
  • Simplified design of free-space type test site using multiple fence : How to design the site for 30MHz-80GHz ITE, ISM & ITS meeting CENELEC, IEC & CISPR recommendations  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KAMESHIMA Akinori , KINOSHITA Toshio , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , 中山 正志 , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka

    CENELECによる30MHz〜18GHz用完全電波暗室の正式採用を契機に、既存のオープンサイトや半電波暗室(金属床面反射型)の自由空間化が現実の技術的課題になっている。それには、VHF〜マイクロ帯をカバーする広帯域用電波吸収体の適用がまず考えられるが、周波数特性と価格の点で、不況期の普及には問題が残されている。本論文は、アルミ薄板等の安価な金属フェンスを2〜4枚程度配置する事で、国際勧告規格相当 …

    AP 101(410), 33-40, 2001-11-16

    References (19) Cited by (1)

  • Simplified design of free-space type test site using multiple fence : How to design the site for 30MHz-80GHz ITE, ISM & ITS meeting CENELEC, IEC & CISPR recommendations

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KAMESHIMA Akinori , KINOSHITA Toshio , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , 中山 正志 , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka

    CENELECによる30MHz〜18GHz用完全電波暗室の正式採用を契機に、既存のオープンサイトや半電波暗室(金属床面反射型)の自由空間化が現実の技術的課題になっている。それには、VHF〜マイクロ帯をカバーする広帯域用電波吸収体の適用がまず考えられるが、周波数特性と価格の点で、不況期の普及には問題が残されている。本論文は、アルミ薄板等の安価な金属フェンスを2〜4枚程度配置する事で、国際勧告規格相当 …

    Technical report of IEICE. SANE 101(412), 33-40, 2001-11-09

    References (19)

  • Development of A System to Verify The Free Space : Evaluation of the on-site electro-magnetic environment using mini-biconical antenna  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , YAMAGUCHI Kouichi , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    電子機器の設計、製造、調整、検査等の現場(On-site)において使用する「マイクロ波テストベンチ(MUTB)」は、床面の他、天井、壁、室内設備の反射・回折等による複雑な電磁環境にあるので、設置条件をできるだけ国際勧告値(自由空間偏差±4dB以内)に近づける必要がある。また、CENELEC(ヨーロッパ電気技術標準委員会)は、「完全電波暗室(FAR)」の正式採用に伴う評価用として素子長が40cm以下 …

    EMCJ 101(7), 1-6, 2001-04-12

    References (18) Cited by (2)

  • Summarized Reasons Why the Metallic-Floor Type EMC Test Site Depends on Uncertain Measure : Technical problems in common with both sites for measuring radiation disturbance and for calibrating antennas  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    IT時代の主役として、高機能携帯電話の実用化が進められている。その正常な発展のためには、OA機器やISM機器等との電磁的共存(EMC)と、人体にたいする安全の確保が前提になることはいうまでもない。そのため、CENELEC(ヨーロッパ電気技術標準委員会)は、30MHz〜18GHzの計測用として「自由空間型サイト」の正式採用を決定し、近く、CISPRを通じて国際勧告化の段階になった。しかし、日本の現状 …

    Technical report of IEICE. RCS 100(662), 19-26, 2001-03-07

    References (14)

  • Summarized Reasons Why the Metallic-Floor Type EMC Test Site Depends on Uncertain Measure : Technical problems in common with both sites for measuring radiation disturbance and for calibrating antennas  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    IT時代の主役として、高機能携帯電話の実用化が進められている。その正常な発展のためには、OA機器やISM機器等との電磁的共存(EMC)と、人体にたいする安全の確保が前提になることはいうまでもない。そのため、CENELEC(ヨーロッパ電気技術標準委員会)は、30MHz〜18GHzの計測用として「自由空間型サイト」の正式採用を決定し、近く、CISPRを通じて国際勧告化の段階になった。しかし、日本の現状 …

    AP 100(659), 19-26, 2001-03-07

    References (14) Cited by (4)

  • Summarized Reasons Why the Metallic-Floor Type EMC Test Site Depends on Uncertain Measure : Technical problems in common with both sites for measuring radiation disturbance and for calibrating antennas  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , MATUMOTO Yasuaki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    IT時代の主役として、高機能携帯電話の実用化が進められている。その正常な発展のためには、OA機器やISM機器等との電磁的共存 (EMC)と、人体にたいする安全の確保が前提になることはいうまでもない。そのため、CENELEC (ヨーロッパ電気技術標準委員会) は、30MHz〜18GHzの計測用として「自由空間型サイト」の正式採用を決定し、近く、CISPRを通じて国際勧告化の段階になった。しかし、日本 …

    IEICE technical report. Microwaves 100(665), 19-26, 2001-03-07

    References (14)

  • Development of Microwave Test Bench : Realizing free-space for UHF, SHF and EHF bands by anti-reflection fence  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , YAMAGUCHI Kouichi , OHNO Yutaka , KAKU Naoki , KAKU Takeaki

    IT革命の流れに応じてEMC規制の1GHz超、18〜40GHz化が日程に上る段階になった。 それには、既設EMCサイト(オープンサイト、半電波暗室)の自由空間化と高機能化が必要であるが、同時に、IT、ISM機器等の設計・製造・調整・検査を行う生産現場(On site)ですぐに正しい計測結果がわかる簡便な「マイクロ波テストベンチ(MTB)」の普及が望まれる。 本論文は、汎用(Universal)EM …

    EMCJ 100(577), 1-6, 2001-01-18

    References (15) Cited by (6)

  • Simplified design of free-space type test site using multiple fence : How to design the site for 30MHz〜80GHz ITE, ISM & ITS meeting CENELEC, IEC & CISPR recommendations  [in Japanese]

    Shibuya Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , Matsumoto Yasuaki , Ohno Yutaka , Ishizuka Haruo , Kameshima Akinori , Kinoshita Toshio , Andou Hideya , Yoshimura Kazuaki , Suzuki Takashi , Suzuki Naoki , Yamaguchi Kouichi

    CENELECによる30MHz〜18GHz用完全電波暗室の正式採用を契機に、既存のオープンサイトや半電波暗室(金属床面反射型)の自由空間化が現実の技術的課題になっている。それには、VHF〜マイクロ帯をカバーする広帯域用電波吸収体の適用がまず考えられるが、周波数特性と価格の点で、不況期の普及には問題が残されている。本論文は、アルミ薄板等の安価な金属フェンスを2〜4枚程度配置する事で、国際勧告規格相当 …

    ITE Technical Report 25.74(0), 33-40, 2001

    J-STAGE  References (19)

  • Making Frec Space and Enhancement of Existing EMC Test Site with a Metallic Floor : Improvement of 30MHz to 40GHz free-space type test site - keeping pace with worldwide standardization  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , YAMAGUCHI Kouichi , TAKAMURA Kunio , OHNO Yutaka , KAKU Naoki

    CENELEC, CISPRによる30MHz〜40GHz帯EMI計測法の自由空間方式化が、近く本格実施の段階になった。これにより、計測精度と作業効率の飛躍的向上が実現する反面、既存の金属床面式サイト(オープンサイト、半電波暗室、計1200サイト以上と推定)は、自然淘汰される。この、世界的潮流に対処するには、自由空間型サイトの新設と共に、遊休化のおそれのある既設サイトの自由空間化が重要である。経済的 …

    EMCJ 100(279), 1-6, 2000-09-04

    References (25) Cited by (8)

  • Rationalizing Technical Issues about Globally Standardizing Free-Space Type EMC Site : Proposal to deleting traditional concepts of AF and NSA in the CENELEC's draft for 30MHz through 18GHz bands  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , KAKU Naoki , KAKU Juichi

    30MHz〜18GHz帯EMI計画法の自由空間型サイト使用による合理化が、CENELEC(ヨーロッパ電気技術標準委員会/18か国)による「完全電波暗室」の公認によって大きく前進する事になったが、「AF(アンテナ係数)」や「NSA(正規化サイトアッテネーション)」などの、不適切な旧概念が継承されており、なお、改善の余地がある。本論文は、これらの旧概念が不適切な理由と、自由空間型にふさわしいサイトの評 …

    IEICE technical report. Electromagnetic compatibility 100(207), 1-6, 2000-07-14

    References (24)

  • Contradictions in newly established requirements for radiation disturbances to radio equipment and proposed revision : EMC test method ARIB STD-T57 (1999) involves indefinite measure against international trend  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , TAKAMURA Kunio , YAMAGUCHI Kouichi , NAKAYAMA Masashi , KAKU Naoki , KAKU Juichi

    無線設備とくに携帯電話の高機能化に伴うEMC対策の合理化が重要になっている。この問題について、以前のPHSとデジタル自動車電話の標準規格(〜1999-2)は、筐体放射妨害波の許容値を「実効放射電力」で、計測は原則として「自由空間型サイト」で実施するように規定している。ところが新標準規格(ARIB STD-T57/1999-10)は、なぜか、平成4年(1992)電気通信技術審議会答申に立ち戻る方法に …

    AP 100(9), 1-8, 2000-04-20

    References (30) Cited by (9)

  • Comprehensive explanation about how the measure used in Antenna-Calibration Test Site (CALTS) with a metallic floor is indefinite : In-competency of current laws for broad band antennas and its remedy  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , TAKAMURA Kunio , YMAGUCHI Kouich , KAKU Juichi

    AP99-01(99-4/茨城大)で、ANSI C63.5[標準サイト法]とCRL[改良標準サイト法]の誤差発生のメカニズムについて論証した。折しも、EMI計測自動化用の広帯域アンテナの普及に伴う定期校正の要求が高まり、注文側、受注側ともに校正実施方法の合理化が問題になってきた。本論文は、金属床面型のアンテナ校正サイト(CALTS)が[不定尺]である理由と、校正誤差の回避と経費低減には、自由空間型 …

    Technical report of IEICE. RCS 99(637), 51-58, 2000-02-17

    References (31)

  • Comprehensive explanation about how the measure used in Antenna-Calibration Test Site (CALTS) with a metallic floor is indefinite : In-competency of current laws for broad band antennas and its remedy  [in Japanese]

    Shibuya Shigekazu , Andou Hideya , Yoshimura Kazuaki , Ishizuka Haruo , Kinoshita Toshio , Kameshima Akinori , Suzuki Takashi , Suzuki Naoki , Ohno Yutaka , Takamura Kunio , Ymaguchi Kouich , Kaku Juichi

    Ap99-01(99-4/茨城大)で、ANSIC63.5[標準サイト法]とCRL[改良標準サイト法]の誤差発生のメカニズムについて論証した。折しも、EMI計測自動化用の広帯域アンテナの普及に伴う定期校正の要求が高まり、注文側、受注側ともに校正実施方法の合理化が問題になってきた。本論文は、金属床面型のアンテナ校正サイト(CALTS)が「不定尺」である理由と、校正誤差の回避と経費低減には、自由空間型( …

    Technical report of IEICE. SST 99(628), 51-58, 2000-02-17

  • Comprehensive explanation about how the measure used in Antenna-Calibration Test Site (CALTS) with a metallic floor is indefinite : In-competency of current laws for broad band antennas and its remedy  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , TAKAMURA Kunio , YMAGUCHI Kouich , KAKU Juichi

    AP99-01(99-4 / 茨城大)で、ANSI C63.5[標準サイト法]とCRL[改良標準サイト法]の誤差発生のメカニズムについて論証した。折しも、EMI計測自動化用の広帯域アンテナの普及に伴う定期校正の要求が高まり、注文側、受注側ともに校正実施方法の合理化が問題になってきた。本論文は、金属床面型のアンテナ校正サイト(CALTS)が「不定尺」である理由と、校正誤差の回避と経費低減には、自由空 …

    AP 99(634), 51-58, 2000-02-17

    References (30) Cited by (9)

  • Comprehensive explanation about how the measure used in Antenna-Calibration Test Site (CALTS) with a metallic floor is indefinite : In-competency of current laws for broad band antennas and its remedy  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , TAKAMURA Kunio , YMAGUCHI Kouich , KAKU Juichi

    AP99-01(99-4/茨城大)で、ANSI C63.5[標準サイト法]とCRL[改良標準サイト法]の誤差発生のメカニズムについて論証した。折しも、EMI計測自動化用の広帯域アンテナの普及に伴う定期校正の要求が高まり、注文側、受注側ともに校正実施方法の合理化が問題になってきた。本論文は、金属床面型のアンテナ校正サイト(CALTS)が「不定尺」である理由と、校正誤差の回避と経費低減には、自由空間型 …

    IEICE technical report. Microwaves 99(640), 51-58, 2000-02-17

    References (30)

  • Comprehensive explanation about how the measure used in Antenna-Calibration Test Site(CALTS) with a metallic floor is indefinite : In-competency of current laws for broad band antennas and its remedy  [in Japanese]

    Shibuya Shigekazu , Andou Hideya , Yoshimura Kazuaki , Ishizuka Haruo , Kinoshita Toshio , Kameshima Akinori , Suzuki Takashi , Suzuki Naoki , Ohno Yutaka , Takamura Kunio , Ymaguchi Kouichi , Kaku Juichi

    AP99-01(99-4/茨城大)で、ANSI C63.5[標準サイト法]とCRL[改良標準サイト法]の誤差発生のメカニズムについて論証した。折しも、EMI計測自動化用の広帯域アンテナの普及に伴う定期校正の要求が高まり、注文側、受注側ともに校正実施方法の合理化が問題になってきた。本論文は、金属床面型のアンテナ校正サイト(CALTS)が「不定尺」である理由と、校正誤差の回避と経費低減には、自由空間型 …

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 99(631), 51-58, 2000-02-17

  • Realization of EMC Test Site through Deletion of Metallic Floor Type and Creating Free-Space Type Instead  [in Japanese]

    Shibuya S. , Ishizuka H. , Kameshima A. , Kinoshita T. , Andou H. , Ohno Y. , Kaku N.

    Proceedings of the Society Conference of IEICE, 239-240, 2000

    Cited by (8)

  • Indefiniteness in EMI Methods for In-situ Measurement for Industrial, Scientific and Medical (ISM) Equipment : Making clear the technical inconsistency found in in-situ measurement by CISPR11 recommendations  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , TAKAMURA Kunio , YMAGUCHI Kouichi , KAKU Juichi

    CISPR11(1997)は、大型ISM装置の放射妨害波に対処するため、設置場所における計測法(略称Situ計測法)を具体的に勧告している。 これは、ISMを設置するビルの外壁から30∼100mの距離を算定して、地上高2mの電界強度を計測するものであるが、選定方向によって、計測結果の差が大きく、現場に混乱を生じている。 この基本的原因が、勧告による方法の「不定尺性」にあることを指摘し対処方 …

    EMCJ 99(528), 79-86, 1999-12-22

    References (21) Cited by (5)

  • Defects in Conventional EMI Measuring Methods for Industrial, Scientific and Medical (ISM) Equipment and Its Effective Countermeasure : Requirements of compatibility among electronic technology equipment and stabilizing measurement thereof  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    工業・科学・医療(ISM)用高周波装置の放射妨害(EMI)計測法は、歴史が古く、被害側が無線受信機のみの時代に制定されたものであるため、電子情報機器(ITE)との共存が要求される技術の現状に合わなくなってきた。この是正のため、CISPR 11(3版/1997)は、ITEと共通の計測法を勧告したが、ISMの設置高、測定距離、偏波等による顕著な誤差は依然、改善されていない。 本論文は、大きな計測誤差の …

    IEICE technical report. Microwaves 99(371), 71-78, 1999-10-22

    References (20)

  • Defects in Conventional EMI Measuring Methods for Industrial, Scientific and Medical (ISM) Equipment and Its Effective Countermeasure : Requirements of compatibility among electronic technology equipment and stabilizing measurement thereof  [in Japanese]

    SHIBUYA Shigekazu , ANDOU Hideya , YOSHIMURA Kazuaki , ISHIZUKA Haruo , KINOSHITA Toshio , KAMESHIMA Akinori , SUZUKI Takashi , SUZUKI Naoki , OHNO Yutaka , KAKU Juichi

    工業・科学・医療(ISM)用高周波装置の放射妨害(EMI)計測法は、歴史が古く、被害側が無線受信機のみの時代に制定されたものであるため、電子情報機器(ITE)との共存が要求される技術の現状に合わなくなってきた。この是正のため、CISPR 11(3版/1997)は、ITEと共通の計測法を勧告したが、ISMの設置高、測定距離、偏波等による顕著な誤差は依然、改善されていない。 本論文は、大きな計測誤差の …

    EMCJ 99(369), 71-78, 1999-10-22

    References (20) Cited by (10)

  • 1 / 3
Page Top