小林 弘幸 Hiroyuki Kobayashi

ID:9000250472392

大阪大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Application of Answer Set Programming to Various Forms of the Task Scheduling Problem  [in Japanese]

    KOBAYASHI Hiroyuki , NAKAGAWA Hiroyuki , KOJIMA Hideharu , TSUCHIYA Tatsuhiro

    近年,シングルコアプロセッサからなるCPUでの性能向上の鈍化に伴いマルチコアプロセッサを採用したCPUが広く用いられるようになったが,マルチコアプロセッサで効率的に処理を行うためには,その性能を最大限に引き出すためにタスクを並列実行するスケジューリングが必要になるが,このスケジューリングは強NP困難な問題に分類される.またタスクスケジューリング問題は,ケースによって多種の問題が存在し,それら全てに …

    Technical report of IEICE. KBSE 114(128), 25-30, 2014-07-09

  • Application of Answer Set Programming to Various Forms of the Task Scheduling Problem  [in Japanese]

    KOBAYASHI Hiroyuki , NAKAGAWA Hiroyuki , KOJIMA Hideharu , TSUCHIYA Tatsuhiro

    近年,シングルコアプロセッサからなるCPUでの性能向上の鈍化に伴いマルチコアプロセッサを採用したCPUが広く用いられるようになったが,マルチコアプロセッサで効率的に処理を行うためには,その性能を最大限に引き出すためにタスクを並列実行するスケジューリングが必要になるが,このスケジューリングは強NP困難な問題に分類される.またタスクスケジューリング問題は,ケースによって多種の問題が存在し,それら全てに …

    Technical report of IEICE. SS 114(127), 25-30, 2014-07-09

  • Application of Answer Set Programming to Various Forms of the Task Scheduling Problem  [in Japanese]

    Hiroyuki Kobayashi , Hiroyuki Nakagawa , Hideharu Kojima , Tatsuhiro Tsuchiya

    近年,シングルコアプロセッサからなる CPU での性能向上の鈍化に伴いマルチコアプロセッサを採用した CPU が広く用いられるようになったが,マルチコアプロセッサで効率的に処理を行うためには,その性能を最大限に引き出すためにタスクを並列実行するスケジューリングが必要になるが,このスケジューリングは強 NP 困難な問題に分類される.またタスクスケジューリング問題は,ケースによって多種の問題が存在し, …

    IPSJ SIG Notes 2014-SE-185(4), 1-6, 2014-07-02

    IPSJ 

Page Top