田中 源重 TANAKA Motoshige

ID:9000252840350

大阪医科大学麻酔科学教室 Department of Anesthesiology, Osaka Medical College (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Ketamine Reduced Phantom Limb Pain in the Lower Extremities of a Patient with Metastatic Spinal Cancer.  [in Japanese]

    AKATSUKA Masafumi , TANAKA Motoshige , OGATA Kayoko , ONAKA Masahiko , INAMORI Kohei , MORI Hidemaro

    脊椎へのがん転移による脊髄損傷が原因で生じた幻肢痛に対し,ケタミン持続投与で疼痛を長期にわたりコントロールできた症例を経験した.本例は,当初モルヒネ徐放剤でがん性疼痛管理を行なっていたが,脊髄損傷後に発現した幻肢痛はモルヒネ抵抗性であり,ケタミン持続皮下注を併用しすみやかな除痛を得ることができた.ケタミン投与開始約1ヵ月後に留置針刺入部の発赤,疼痛が顕著となったため,ケタミンの投与を経静脈的に変更 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 19(10), 622-625, 1999

    J-STAGE 

Page Top