井口 公雄 IGUCHI Kimio

ID:9000252846957

京都府立医科大学第2外科 Second Departmemt of Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF CROHN'S DISEASE WITH FREE PERFORATION OF THE SMALL INTESTINE

    KOHNOSU Hiroshi , TANAKA Tsuguo , OKA Takahiro , YAMAGISHI Hisakazu , NONAKA Masahiko , SONOYAMA Teruhisa , KURIOKA Hideaki , IGUCHI Kimio , YAMAYA Kazunori , INABA Seishiro , HIRONAKA Takeshi

    クローン病の合併症として穿孔は極めてまれであり,本邦では14例の報告をみるにすぎない.最近,穿孔性腹膜炎のため緊急手術を施行した回腸・結腸型クローン病の確診例を経験したので報告する.症例は24歳,男性で下痢を主訴として来院.サラゾピリン,プレドニソロンの保存的治療にも改善がみられなかったため,手術が予定されたが,術前のプレドニソロン漸減中,突然,腹膜炎症状が出現し,緊急手術となった.穿孔は回腸末端 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 45(6), 745-750, 1984

    J-STAGE 

Page Top