黒須 康彦 KUROSU Yasuhiko

ID:9000252848037

日本大学第1外科 First Department of Surgery, Nihon University School of Medicine (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • COMPARATIVE CLINICOPATHOLOGICAL STUDY OF GASTRIC CANCER IN THE UPPER AND CARDIAC REGIONS

    KUROSU Yasuhiko , UMAKOSHI Fumihiko , MORITA Ken , NAKANISHI Hiroshi , ISHII Ikuo , MIZUNO Toshihiko , ARAI Tooru , FUKAMACHI Shinsuke , SATO Kobo , OKAMURA Haruaki , KABE Yoshio

    昭和60年までの過去10年間における自験噴門部癌39例の臨床病理学的所見を,同期間の自験,上部胃癌47例のそれらと比較検討した.噴門部癌(中心がE-C junctionより2cm以内)の胃癌初回手術例中の頻度は4.4%であった.両癌ともに男性に多くみられた.噴門部癌ではとくに若年者の占める頻度が低い傾向が認められた.両癌ともに小弯側中心のものが最も多かった.噴門部癌では限局型(1+2型)の占める頻 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 48(7), 903-907, 1987

    J-STAGE 

Page Top