角田 司 TSUNODA Tsukasa

ID:9000252849274

長崎大学第2外科 Second Department of Surgery, Nagasaki University School of Medicine (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • TREATMENT AND OUTCOME FOR UNRESECTABLE HEPATOCELLULAR CARCINOMA

    SEGAWA Tohru , TSUNODA Tsukasa , TSUCHIYA Ryoichi , IZAWA Kunihide , YAMAMOTO Masayuki , KADOHARA Tomeo , IWATA Tohru , SASAKI Makoto , YATSUGI Takashi , MOTOSHIMA Koichi , YAMAGUCHI Takashi

    切除不能原発性肝細胞癌103例に付いて検討した.治療法別では肝動脈結紮術9例,門脈枝結紮術3例,肝動脈カニュレーション16例,TAE 23例,試験開腹その他52例であった.TAEの累積3年生存率は20%と比較的良好であったが,全症例の累積1年生存率は14%, 2生率は9%, 3生率は4%であった.肝癌取扱い規約による肉眼的進行程度の分類と臨床病期分類はある程度予後判定の指標となることがわかった.し …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 51(1), 35-41, 1990

    J-STAGE 

Page Top