里見 隆 SATOMI Takashi

ID:9000252851771

市立堺病院外科 Department of Surgery, Sakai Municipal Hospital (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • AN OPERATED CASE OF BILATERAL METASTATIC LUNG TUMORS FROM FOLLICULAR CARCINOMA OF THE THYROID

    TATSUTA Masayuki , NISHI Toshio , KAWASAKI Katsuhiro , IKEDA Masataka , KOBAYASHI Tetsuro , OKUYAMA Masaki , YAMADA Terumasa , KIMURA Fumihiko , ISHIDA Hideyuki , MASUTANI Seizo , ISHIKAWA Keiichiro , KAWASAKI Takatoshi , SATOMI Takashi

    68歳女性, 30年前に甲状腺腫で右葉切除術を施行.病理組織では濾胞腺腫だった.今回,偶然胸部X線で両側多発性の大結節性の異常陰影を指摘された.頸部に腫大した甲状腺を触知したが,悪性所見を得られず.肺穿刺針生検で甲状腺癌の肺転移を疑ったため残存甲状腺を全摘したが,肉眼的にも病理組織でも濾胞腺腫と診断された.その後,胸骨正中切開および左第IV肋間開胸下に両側肺部分切除術を施行.病理組織検査より高分化 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 55(11), 2798-2802, 1994

    J-STAGE  Cited by (1)

  • A CASE OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA DETECTED BY ITS RIB METASTASIS AND RESECTED AFTER RESECTION OF THE METASTASIS

    ORITA Masahiko , TAKENAKA Hiroaki , IIO Sato , KOBAYASHI Tetsuro , ENOKI Tadahiko , HIRAOKA Hiroshi , MORITA Nobuyoshi , ESATO Kensuke

    症例は61歳,男性.肋骨転移を初発として発見され,転移巣および原発巣を切除し得た原発性肝細胞癌の1例を報告する.主訴は右背部腫瘤.第10胸椎右縁を中心に小児手拳大の腫瘤を触知した.第9, 10, 11肋骨及び胸壁合併切除を施行,その後放射線療法も併用した.病理組織検査では原発性肝細胞癌が最も疑われ腹部エコー, CT等を施行し, S<sub>s</sub>に約3cm大の低吸収 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 53(9), 2195-2198, 1992

    J-STAGE 

  • A CASE OF BREAST CANCER AS A COMPLICATION IN WERNER'S SYNDROME

    KIN Seihitsu , SHIBA Eiichi , MIYAUCHI Keisuke , KOBAYASHI Tetsuro , MORI Takesada , TAKAI Shinichiro

    Werner症候群は比較的稀な疾患であり,高頻度に悪性腫瘍を合併することが知られている.今回,われわれはWerner症候群に合併した乳癌の症例を経験した.患者は, 38歳女性で右乳房腫瘤を主訴として当科受診した.触診, mammography,超音波検査,穿刺吸引細胞診で乳癌と診断され,大胸筋温存によるPatey法を施行し,術後経過良好で2週間後退院となった.本症候群においては癌腫系に比べて肉腫系 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 53(7), 1576-1579, 1992

    J-STAGE 

  • RELATION OF POSTOPERATIVE HYPERBILIRUBINEMIA TO PROGNOSIS AFTER MAJOR SURGERY

    HIRAOKA Hiroshi , MORITA Nobuyoshi , ENOKI Tadahiko , IIO Sato , AIKAWA Fumihito , KOBAYASHI Tetsuro , ESATO Kensuke

    術後高ビリルビン血症の病態を知りその対策を講じることを目的とした.過去2年間に当科で経験した術後1カ月間に血清総ビリルビン値5.0mg/dl以上となった13例を対象とした.閉塞性黄疸は除外した.死亡率は54% (7/13)と高率であった.<br>生存群(6例)と死亡群(7例)間で,年齢,出血量,手術時間に差はなかった.術後最高ビリルビン値(Max-TB) (p<0.02),最高白 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 53(5), 1018-1025, 1992

    J-STAGE 

  • INVESTIGATION OF 6 CASES OF MALIGNANT GASTRIC LYMPHOMA:COMPARISON OF GASTRIC EXCISION AND CHEMOTHERAPY

    HASEGAWA Hiroyasu , TATEBAYASHI Kinichiro , TOSHIMITSU Masahiro , MIYASHITA Hiroshi , AIKAWA Hiroyuki , MAEDA Yoshitaka , KOBAYASHI Tetsuro

    われわれは1984年1月より1988年12月までの5年間に,胃悪性リンパ腫6例を経験し,このうち2例に胃切除術及び化学療法を施行し,長期生存中であるが,他の4例は化学このうち2例に胃切除術及び化学療法を施行し,長期生存中であるが,他の4例は化学ぬ長期生存の好成績を得たので報告する.

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 51(6), 1266-1274, 1990

    J-STAGE 

  • A CASE REPORT OF BREAST CARCINOMA CONCEALED BEHIND FIBROADENOMA

    HIGASHIYAMA Masahiko , INAJI Hideo , KITADA Masashi , MIYAUCHI Keisuke , KOBAYASHI Tetsuro , TAKAI Shin-ichiro , MORI Takesada , SAKURAI Masami

    術前乳腺線維腺腫の診断のもとに摘出生検を行ったところ,線維腺腫の背側に乳癌が潜んで存在し,二個の腫瘍が一つの腫瘤塊を形成していた症例を経験したので報告する.症例は36歳独身女性.5年前より左乳房に腫瘤を触知していたが,2ヵ月前より大きさがやや増大したため来診した.理学的所見では,左C領域に径2.5cmの球状,弾性硬,表面平滑,辺縁明瞭な腫瘤を認め,腋窩リンパ節は触知せず,マンモグラム,エコーグラム …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 50(7), 1343-1347, 1989

    J-STAGE  Cited by (1)

  • BILATERAL BREAST CANCER

    TAKATSUKA Yuichi , KAWAHARA Tsutomu , YAYOI Eiji , KOBAYASHI Tetsuroh , AIKAWA Takao , TAKEUCHI Naoji

    我々の施設で過去12年間に経験した原発性両側乳癌31例(同時性: 10例,異時性: 21例)を中心に,その臨床病理学的特性,治療方針および予後などについて若干の文献的考察を加えながら報告した.<br> 異時性第1癌の発生年齢のピークは40歳代前半の比較的若年層に認められたのに比べ,同時性では50歳前後と65歳前後に2つのピークがみられ,平均でも55.6歳とかなり高齢に傾いていた.< …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 44(4), 388-394, 1983

    J-STAGE 

  • MALE BREAST CANCER AND GYNECOMASTIA

    KOBAYASHI Tetsuro , YAYOI Eiji , KAJI Masahiro , MIYAUCHI Akira , KOSAKI Goro

    われわれは最近3年間に4例の男子乳癌症例を経験し,同期間における老年期女性化乳房症52例と比較し,以下の結果をえた.<br> (1) 男子乳癌は,傍中心性に発生することが多く,比較的早期より皮膚および乳頭の変化を来しやすい. (2) 一方,老年期女性化乳房性は,腫瘤が大きくなっても皮膚および乳頭の変化を来すことはまれで,内分泌療法によく反応する.

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 44(2), 127-131, 1983

    J-STAGE 

Page Top