門田 康正 MONDEN Yasumasa

ID:9000252853974

徳島大学第2外科 Second Department of Surgery, School of Medicine, The University of Tokushima (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A SUCCESSFUL COVERAGE USING INTERCOSTAL MUSCLE WITH VASCULAR PEDICLE FOR ANASTOMOTIC LEAKAGE OF INTRATHORACIC ESOPHAGOJEJUNOSTOMY AFTER A TOTAL GASTRECTOMY -REPORT OF A CASE-

    SOGAMA Megumi , UMEMOTO Atsushi , KAJIKAWA Aiichiro , MONDEN Yasumasa

    胃全摘術後の食道空腸胸腔内吻合の広範囲縫合不全に対して再吻合および有茎肋間筋被覆を行い,良好な経過をたどった1例を経験した.胸腔内圧は陰圧であるためそこでの広範囲縫合不全の治療の焦点は,腸管内容の漏出を確実に防止することである.そのためには同時に,縫合不全部の閉鎖と,同部の腸管内の内容物の排除と,胸腔内圧を陽圧にすることが必要である.今回われわれは,食道損傷に対して行われていた有茎肋間筋による被覆 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 59(1), 259-262, 1998

    J-STAGE 

Page Top