武内 俊 TAKEUCHI Masaru

ID:9000252855429

大館市立総合病院外科 Department of Surgery, Odate Municipal General Hospital (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A study of operative procedures for obturator hernia. From our experience with ten cases.:FROM OUR EXPERIENCE WITH TEN CASES  [in Japanese]

    INO Mitsuru , OOISHI Susumu , TAKEUCHI Masaru , TATEOKA Hiroshi , KASHIWABA Mitsuhiro , SAKAMOTO Yoshiyuki

    1988年1月より1999年12月までに10例の閉鎖孔ヘルニアを経験した.年齢は72歳から89歳と高齢者で,全例が女性.体重は29kgから41kgと痩せ型であった. Howship-Rombergの徴候は3例に認められた.ヘルニア門を縫合閉鎖した4例中2例に大腿部皮下膿瘍の形成を,また1例にヘルニア再発がみられた.なお,ヘルニア門を処理しなかった1例にも再発を認めた.そこで以上のような合併症や再発 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 61(12), 3404-3406, 2000

    J-STAGE 

Page Top