古川 俊隆 FURUKAWA Toshitaka

ID:9000252855883

丸山記念総合病院外科 Department of Surgery, Maruyama Memorial General Hospital (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF CECAL CANCER ASSOCIATED WITH APPENDICITIS LIKE SIGNS DIAGNOSED PREOPERATIVELY  [in Japanese]

    OHATA Masahiko , MARUYAMA Masanobu , ISHII Hiroshi , FURUKAWA Toshitaka

    急性虫垂炎の発症には虫垂に何らかの閉塞機転が働き誘引となることが知られているが,癌の頻度は少なく術前診断することは困難である.症例は68歳,男性で盲腸癌,虫垂炎の術前診断にて右半結腸切除術施行した.虫垂炎に盲腸癌を合併した場合,ほとんどが進行癌であり,中高年で虫垂炎症状を呈した症例の場合,盲腸癌の存在を念頭におき,術前,術中の十分な検索が必要と思われた.今回,急性虫垂炎症状を呈し,術前に盲腸癌と確 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 64(6), 1421-1423, 2003

    J-STAGE 

Page Top