神崎 淳二 KAMIZAKI Junji

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Species differences in the sensitivity of small intestine to the spasmogenic effect of K-free solution.

    清水 一政 , 黒須 幸雄 , 神崎 淳二 , 米谷 敦子 , 中條 眞二郎 , 浦川 紀元

    栄養液中からKClを除いた液 (以下K除去液と略す) と強心配糖体の1つであるウワバインは腸管平滑筋を収縮させ, それらの収縮は同一機構によると言われている. 前報において各種動物の回腸標本を用いた実験で, ウワバインによる収縮の感受性には動物種差があると報告した. 本実験では, K除去液による収縮反応を各種動物 (サル, イヌ, ネコ, ウサギ, モルモット, ラット, マウス, ハタネズミ, …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 44(2), 259-266, 1982

    J-STAGE

ページトップへ