原田 俊之 HARADA Toshiyuki

ID:9000253100477

金沢大学理学部化学教室 Department of Chemistry, Facu4ty of Science, Kanazawa University (1961年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Synthesis of Protein Analogue. XXIII-XXV. XXIII. Salts between Poly-L-lysine and Poly-L- and Poly-o-glutamic Acid

    NOGUCHI Junzo , SAITO Tomoo , HAYAKAWA Tadao , TOKUYAMA Haruhiko , HARADA Toshiyuki

    ポリ+リジンとポリーレグルタミン酸,ポリ+リジンとポリつ一グルタミン酸,ポリ-L-リジンとコポリ(レグルタミン酸,DL-アラニシ),ポリ-L-グルタミン酸とコポリ(レリジン,DL-アラニン)の各種の塩をつくってその性質を調べた。ポリ-L-リジンとポリ+グルタミン酸とのレL系の塩はほとんどすべての溶剤に不溶であるが,両成分をそれぞれ飽和食塩水にとかして混合すると両成分間の塩を形成せず独立して溶解して …

    Nippon kagaku zassi 82(5), 597-600, 1961

    J-STAGE 

Page Top