松下 江理子 MATSUSITA ERIKO

ID:9000253259619

名古屋大学医療技術短期大学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, Nagoya University College of Medical Technology (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Sympathetic Skin Response(SSR) during the Stress Administration on Autonomic Nerves.  [in Japanese]

    IWATSUKI HIROYASU , IWATSUKI JUNKO , MATSUSITA ERIKO , WATANABE FUMIKO , KAWABE REIKO , MATSUZAKI AYUMI

    本研究は健常青年女子12名を対象に阻血,冷水および他動起立負荷時のSSR潜時,振幅の変化について検討した。結果;阻血負荷では潜時が安静値と負荷中の値に殆ど差を認めず,振幅では5分後に安静値より約13%の減少がみられ,負荷終了直後では約52%の増加がみられた。冷水負荷中の振幅は安静値より約34%の増加がみられ,負荷6分後では約72%の減少がみられた。他動的起立時の振幅は負荷直後に約38%の増加がみら …

    Journal of exercise physiology 9(4), 211-214, 1994

    J-STAGE 

Page Top