新城 敏晴 SHINJO Toshiharu

Articles:  1-1 of 1

  • Platelet Abnormalities in a Dog Suffering from Gangrenous Mastitis by Staphylococcus aureus Infection.

    HASEGAWA Takashi , FUJII Mitsugu , FUKADA Takashi , TSUJI Chie , FUJITA Tomoko , GOTO Yoshitaka , SHINJO Toshiharu , OGAWA Hiroyuki

    7歳の雌ビーグル犬が黄色ブドウ球菌による乳腺炎を発症した. 乳腺の腫脹, 白血球数の増加, 血小板パターンの乱れ(大型PLTの増加)を認めた. 臨床症状が改善するまで血小板数の減少傾向と血小板パターンの乱れが続いた. これにはLPSのみならず起炎菌による炎症反応が関与しているものと考えられた. またグラム陽性菌による乳腺炎においても血小板の数とパターンの変動が臨床症状とよく相関することが示唆された …

    Journal of Veterinary Medical Science 55(1), 169-171, 1993

    J-STAGE 

Page Top