岡村 政則 Hiraoka M

ID:9000253299746

Kyush uRegiona1lBreeding Office, Forest Tree Breeding Center (2004年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • クロマツのさし木発根性に及ぼす摘葉•摘芽の影響

    佐々木 峰子 , 倉本哲嗣 , 平岡 裕一郎 , 岡村 政則 , 藤澤 義武

    クロマツのさし木による効率的な生産システムを確立するため, さし穂の調整手法の最適条件を検討した。1年生実生苗の主軸をさし穂とし,摘葉•摘芽め強度および切口の処理を変えてさし木を行った。その結果,1)針葉が54%以上あれば発根率54~62%を示したが,過度な摘葉によって発根率は低下した。また,針葉が54%の処理区で最も根系が発達した。2)冬芽を一部または全て除去したさし穂は,冬芽を残したものより発 …

    日本林學會誌 86(1), 37-40, 2004

    J-STAGE 

ページトップへ