舟山 仁行 FUNAYAMA Hitoyuki

ID:9000253330538

東京医科大学霞ヶ浦病院外科|東京医大外科 Department of Surgery, Kasumigaura Hospital, Tokyo Medical College (1979年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF THE LYMPHANGIOMA CYSTICUM OF MESENTERIUM

    SATO Shigenori , OISHI Takashi , SOHMA Tetsuo , OHUCHI Takafumi , FUNAYAMA Hitoyuki , TABUCHI Takafumi , TOKUMO Masato , NAGATA Shoichi , INOUE Jin , YUMOTO Katsuhiko , OZAWA Yasushi

    腸間膜嚢腫は病理学的にそのほとんどがリンパ管腫であることから,最近ではWegnerの分類に従って, (1) 単純性リンパ管腫, (2) 嚢腫状リンパ管腫, (3) 海綿状 リンパ管腫の3種に分けるのが一般的である.<br>本邦での報告は明治36年,三村によるものが最初であり,以来200例に満たぬ報告例があるのみである.<br>我々は最近,腸間膜に発生した,嚢腫状リンパ管腫の …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 40(1), 125-130, 1979

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top