柴 忠明 SHIBA Tadaaki

ID:9000253330895

東邦大学医学部第二外科 The 2nd Department of Surgery, School of Medicine, Toho University (1979年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CHANGES OF COAGULATION AND FIBRINOLYSIS WITH ARTIFICIAL EMBOLIZATION:A case of craniocervical angioma

    SHIBA Tadaaki , SEIKI Yoshikatsu , SHIBATA Iekado , KUSHIDA Yoshimasa , TAKEUCHI Setsuo , AWAZU Saburo

    人工栓塞術は技術的には簡便な方法であり,血管に富むために一期的に摘出困難な腫瘤の摘出前処置として,あるいはさまざまな理由で根治的摘出術の施行し得ない血管性腫瘍に対する次善の処置として有用であるとされている.しかしながら,例えシリコン系素材といえども血管内への異物注入は内因性凝血系の活性化を引き起す.勿論,この過程がなければ人工栓塞術の充分な効果は期待出来ないが,血管内における凝固系の非生理的活性化 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 40(6), 1116-1120, 1979

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top