大熊 利忠 OKUMA Toshitada

ID:9000253332720

熊本大学医学部第1外科 First Department of Surgery, Kumamoto University Medical School (1982年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • SOME PROBLEMS IN SURGICAL TREATMENT OF THE PATIENTS WITH SUPERFICIAL CARCINOMA OF ESOPHAGUS

    SADA Eishin , OKUMA Toshitada , TADA Izuru , NATSUYAMA Hideyasu , TOGAMI Koichiro , HAGIHARA Naoki , OTSUKA Norio , GOTO Hiraaki , MIYAUCHI Yoshimasa

    食道癌はいまだ進行癌が大部分を占めている疾患で,癌の深達度が粘膜下層までに限局するいわゆる食道早期癌および表在癌は1977年までの本邦集計でもわずか101例にすぎない.しかしながら予後については進行癌との間に著しい差異がみとめられている.一般に本邦での食道癌治療の主体は,外科的切除で,それに術前後の合併療法を付加する方法がとられている.これらは主として進行癌に対する治療方針であり,早期癌および表在 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 43(8), 917-923, 1982

    J-STAGE 

Page Top