竹本 雅彦 TAKEMOTO Masahiko

ID:9000253333175

近畿大学第2外科 Second Department of Surgery, Kinki University, School of Medicine (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF A TOTAL BILATERAL ADRENALECTOMY FOR CUSHING'S SYNDROME DUE TO BILATERAL NODULAR ADRENOCORTICAL HYPERPLASIA

    KAWAMURA Masao , YAMAMOTO Toshio , SHIRAHA Sei , SUDO Takaaki , TAKEMOTO Masahiko , ISHIYAMA Kenji , UMEMURA Hiroya , KUYAMA Takeshi , AOKI Norihiko , ENOMOTO Masakazu

    両側結節性副腎皮質過形成によるクッシング症候群について報告する.この患者はクッシング症候群の典型的な症状を呈し,デキサメサゾン抑制試験の大量法に反応を示した. LVPテスト, ACTH刺激試験やその他の内分泌学的検査により,腫大した副腎はわずかではあるがACTHに対する感受性を示したため,経鼻的に脳下垂体マイクロアデノーマ剔除術が施行された.症状は部分的に改善したが,高コルチゾール血症は持続し,そ …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 44(2), 183-190, 1983

    J-STAGE 

Page Top