家田 勝幸 IEDA Katsuyuki

ID:9000253333292

和歌山県立医科大学消化器外科 Department of Gastroenterological Surgery, Wakayama Medical College (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • RETAINED FOREIGN BODY IN THE ABDOMINAL CAVITY

    ASAE Masazumi , KATSUMI Masaharu , NATSUMI Yasuhiro , MIKI Yasuhumi , EGAWA Hiromu , ONO Kooichi , OKA Sumikazu , IEDA Katsuyuki , TANIGUCHI Katsutoshi , KONO Nobuji

    手術中に誤まって腹腔内に残された“異物”に関する文献は,国の内外を問わず比較的少なく,またそのような個人の失敗行為に関し,議論を避けようとする傾向がみられる.一方,そのような現状下において,今なお腹腔内に残されたガーゼの症例に遭遇するので,過去10年間の当教室での経験例を検討し,特に我々が使用した診断方法について述べた.<br> 腹腔内遺残ガーゼ症例は7例で,主 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 44(3), 304-310, 1983

    J-STAGE 

Page Top