麻田 栄 ASADA Sakae

ID:9000253333546

高砂市民病院外科 Department of Surgery, Takasago Municipal Hospital (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF GASTRODUODENOCOLIC FISTULA DUE TO ANASTOMOTIC ULCER

    HONDA Masayuki , KOTAKE Toshikazu , YAMASHITA Yoshinobu , AOGAUCHI Ryuta , KANEHIRA Akio , ASADA Sakae , SAKAMOTO Kazuo

    胃十二指腸潰瘍手術後の吻合部潰瘍から内瘻形成することはまれな合併症である.胃空腸結腸瘻は本邦において32例の報告にすぎない.今回われわれは胃潰瘍術後吻合部潰瘍から胃十二指腸結腸瘻を形成した症例を経験した.本症は内外文献上はじめての例と考えられるので発表する.<br> 症例は49歳男性で, 10年前に胃潰瘍にて胃切除術(Billroth I法で再建されている)を受けた.昭和56年3月に下 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 44(6), 729-732, 1983

    J-STAGE 

Page Top