冨地 信和 TOMICHI Nobukazu

ID:9000253334080

岩手医科大学第1病理 Department of Pathology I, Iwate Medical University School of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF RENOCOLIC FISTULA

    ONO Takao , BESSHO Keiji , OGASAWARA Takeshi , INAWASHIRO Morisada , TOMICHI Nobukazu , NAGASAWA Toshiaki , MORI Shozo

    腎結腸瘻は稀な疾患であり,これまで本邦において15例が報告されたに過ぎない.最近われわれは腎結腸瘻の1症例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.<br> 症例は75歳の女性.左側腹部痛と混濁尿を主訴として入院.注腸造影にて左腎下行結腸瘻の診断を得,瘻孔を含めた結腸壁切除と左腎摘出を行った.結腸には病変はなく,術前の尿培養にて多数の大腸菌を認めたが,結核菌は検出されなかった.術 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 45(12), 1641-1647, 1984

    J-STAGE 

Page Top