丹黒 章 TANGOKU Akira

ID:9000253334093

山口大学第2外科 Second Department of Surgery, Yamaguchi University School of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF CROHN DISEASE CONFINED TO THE APPENDIX AND CECUM

    ARIYOSHI Hideo , NEKI Itsuro , MATSUMOTO Norio , OHISHI Shuzo , TANGOKU Akira

    症例は27歳女性で1年前頃より時々右下腹部痛をきたしていた.注腸透視にて盲腸内腔の虫垂根部附近に凹凸不整な隆起性病変を認めたため悪性腫瘍の診断で入院した.右下腹部に3×5cm程度の卵円形の腫瘤を触知したが,胸写,心電図,血液学的検査等では異常はなかった.盲腸の悪性腫瘍の診断で回盲部切除術を施行した.手術所見では,盲腸内にて虫垂根部に一致して, 2×2cm程度の硬い腫瘤を触知 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 45(12), 1632-1636, 1984

    J-STAGE 

Page Top