平岡 武久 HIRAOKA Takehisa

ID:9000253334106

熊本大学医学部第1外科 The First Department of Surgery, Kumamoto University Medical School (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF INTRAHEPATIC HEMATOMA BY BLUNT HEPATIC TRAUMA:INTRAHEPATIC ARTERIAL INJECTION CHEMOTHERAPY TO PREVENT LIVER ABSCESS FORMATION

    OGATA Kenji , NAKAKUMA Kenichiro , OOTSUKA Katsuyuki , TASHIRO Seiki , HIRAOKA Takehisa

    18歳の男性で交通事故による鈍的肝外傷によって生じた右肝内血腫症例に対して,抗生物質を全身的に投与して保存的に治療した.<br> しかし,経過中に高度の発熱を認め,血腫への細菌感染が疑われ,更に血腫が肝膿瘍へ移行することが考えられた為,右肝動脈内抗生剤注入療法を施行し,良好な経過を示した.鈍的肝外傷後の主な合併症の一つである肝膿瘍の形成を予防するためには,肝動脈内抗生剤注入療法も有効な …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 45(12), 1616-1619, 1984

    J-STAGE 

Page Top