鶴見 清彦 TSURUMI Kiyohiko

ID:9000253334424

東邦大学第3外科学教室 The 3rd Department of Surgery Toho University School of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDY OF SERUM AND BILE DENSITY OF SEVERAL ANTIBIOTICS

    SUMIYAMA Yoshinobu , SUZUKI Shigeru , TAKUMA Tetsuo , TAKEDA Akiyoshi , TSURUMI Kiyohiko

    胆道感染症に対する抗菌薬の選択は,原因菌の把握,薬剤感受性試験,薬剤の病巣部位への移行性,患者の病態,副作用などを考えて行われる.また薬効面から考えた場合,病巣分離菌に対する各薬剤の最小発育阻止濃度(MIC)と,薬剤の半減期を考慮して使用抗生剤を決定しなければならない.一方胆道感染症のうち,閉塞性黄疸の症例に対するドレナージの必要性は,減黄,減圧の意味と抗生剤の胆汁移行の意味から大切な外科的処置で …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 45(3), 272-277, 1984

    J-STAGE 

Page Top