竹本 雅彦 TAKEMOTO Masahiko

ID:9000253335139

近畿大学第2外科教室 Second Department of Surgery, Kinki University School of Medicine (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • RESECTION OF ENLARGED PANCRETIC MUCINOUS CYSTADENOMA FOLLOWING TO THE CYST-JEJUNOSTOMY: A CASE REPORT

    KASAHARA Yoh , TANAKA Shigeru , UEDA Shozo , YAMADA Yukikazu , NAKAO Kiichi , TAKEMOTO Masahiko , MORISHITA Akihiko , ASAKAWA Takashi , KUYAMA Takeshi

    偶然に左上腹部の腫瘤を触知し,他には特別の症状を伴なわなかった主婦に対して,膵嚢胞の診断で嚢胞空腸吻合を患者の33歳時に施行した,嚢胞壁の組織所見から貯留嚢胞と考えられた.三年後に患者は再び同様の腫瘤を触知し,増大傾向がみられるため,昭和59年9月28日(38歳)入院した.腹痛,悪心嘔吐などその他の症状はみられず,左上腹部に超手挙大の圧痛を伴なわない腫瘤を触知した.臨床検査上はヘモグロビン8.3g …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 46(12), 1658-1664, 1985

    J-STAGE 

Page Top