栄田 和行 EIDA Kazuyuki

ID:9000253339828

日本赤十字社長崎原爆病院外科 Department of Surgery, Japanese Red Cross Society, Nagasaki Genbaku Hospital (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • EFFECT OF RADICAL MASTECTOMY ON IMMUNE COMPETENT CELLS

    NAKAO Susumu , SAWAI Terumitsu , ISHII Toshiyo , EIDA Kazuyuki , NOGUCHI Kyouichi

    定型的乳房切断術前後に,リンパ球数,リンパ球サブセット, PHA幼若化率を測定して,手術侵襲の免疫担当細胞に及ぼす影響の一端をみた.<br>術前,術後3日目, 7日目, 14日目に採血して,末梢リンパ球数およびリンパ球サブセット(OKT3, OKT4, OKT8, OKIal陽性リンパ球)をそのモノクローナル抗体とフローサイトメトリーにて測定した.またリンパ球幼若化率をEB蛍光法にて測 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 49(12), 2252-2256, 1988

    J-STAGE 

Page Top