康 謙三 KOH Kenzo

ID:9000253340060

近畿大学1外科 First Department of Surgery, School of Medicine, Kinki University (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • SCLEROSING PERITONITIS AFTER CONTINUOUS AMBULATORY PERITONEAL DIALYSIS (CAPD) -A CASE REPORT-

    KADOTA Kyoko , SAKAGUCHI Takahiro , KOH Kenzo , SHINDO Katsuhisa , YASUTOMI Masayuki , IMADA Akio , KADOTA Eiji

    最近本邦においても普及してきている透析方法の一つであるCAPD療法の重篤な合併症である硬化性腹膜炎の1症例を報告する. 45歳男性,既往歴は27歳で急性糸球体腎炎. 41歳時,末期慢性腎不全の診断でCAPD療法を開始.治療開始後2年目から無菌性の腹膜炎,イレウス症状が時々出現し内科的治療で軽快していた. 3年10カ月目にはイレウス症状と共に限外濾過量の減少が認められるようになりCAPD療法を中止し …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 49(3), 567-571, 1988

    J-STAGE 

Page Top