作左部 大 SAKUSABE Masaru

ID:9000253343197

秋田大学第1外科 First Department of Surgery, Akita University School of Medicine (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • FACTORS INVOLVING IN THE RECURRENCE OF RESECTED EARLY GASTRIC CANCER

    SONE Sumiyuki , KODAMA Masashi , KOYAMA Hirofumi , SAKUSABE Masaru , NARISAWA Tomio , KOYAMA Kenji

    1976年~1987年の11年間に教室で切除した早期胃癌再発死亡した9例の,臨床病理学的所見を非再発例と比較検討し,再発に関与する因子を明らかにした.再発死亡率は454例中9例2.0%で,sm癌がm癌の2.5倍の高値であった.肉眼型別再発は,IIaが1.9%,IIcが1.9%, IIa+IIcが4.9%であった.占居部位別再発は,C領域が4.9%, M領域が1.6%, A領域が1.7%であった.リ …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 51(10), 2146-2149, 1990

    J-STAGE 

Page Top