忠岡 好之 TADAOKA Yoshiyuki

ID:9000253351563

川崎医科大学消化器外科 Division of Gastroenterology, Department of Surgery, Kawasaki Medical School (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDY OF 23 CASES OF PERFORATION OF THE SMALL INTESTINE

    FUJIMORI Yasutaka , YAMAMOTO Yasuhisa , SANO Kaiso , KIMOTO Masatoshi , MURE Tsutomu , IWAMOTO Sueharu , KASAI Yutaka , IMAI Hiroyuki , TADAOKA Yoshiyuki , KOMAKI Takao , YOSHIDA Kazuhiro

    川崎医科大学消化器外科で経験した小腸穿孔23例(外傷性, 7例,非外傷性, 16例)について臨床病理学的に検討した.術前の理学的所見で穿孔部位がある程度予測されることが多く,開腹部位の決定に重要であると思われた.腹腔内遊離ガスは23例中15例, 65.2%にみられ,遊離ガスの出現と穿孔部位,穿孔口の大きさとの間に相関はなかった.ステロイド内服例が5例あり,発症との関係は明らかではなかったが,白血球 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 54(10), 2515-2523, 1993

    J-STAGE 

Page Top