今村 洋二 IMAMURA Hiroji

ID:9000253357375

関西医科大学胸部外科 Department of Thoracic Surgery, Kansai Medical University (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF SPLENIC METASTASIS OF LUNG CANCER

    OMIYA Hideyasu , KOGATA Munehisa , OKUSA Tokio , IWAMOTO Shigeyoshi , HIOKI Koshiro , AOYAMA Masato , UMEMOTO Masao , SAITO Yukihito , IMAMURA Hiroji

    原発性肺癌術後に脾転移及び小腸転移をきたした1例を経験した.<br> 症例は70歳男性, 1992年6月3日右S3原発の肺巨細胞癌にて右上葉切除及び縦隔郭清術が施行された.同年9月初旬から嘔気,嘔吐が出現し,腹部X線写真にて鏡面形成を認めたため,イレウスの診断で当科入院となった.腹部CTでは脾臓に直径約5cmの低吸収域が見られ,脾転移が疑われたため摘脾術を施行,また空腸転移も認めたため …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 55(8), 2018-2021, 1994

    J-STAGE 

Page Top