村岡 麻樹 MURAOKA Asaki

ID:9000253358617

東邦大学心臓血管外科 Department of Cardiovascular Surgery, Toho University School of Medicine (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE REPORT OF LUNG PYOSIS AFTER NATIVE TRICUSPIDAL VALVE REPLACEMENT DUE TO FUNGAL ENDOCARDITIS

    YOKOMURO Masashi , EBINE Kunio , SHIROMA Kenji , TAMURA Susumu , SUZUKI Hiromasa , OHTSUKI Minoru , UCHID Shin , MURAOKA Asaki

    真菌性心内膜炎は本邦では稀な疾患とされてきたが,重症弁膜疾患の外科治療が行われるようになった現在,その数は増加傾向にある.しかし三尖弁に発症したものは未だに少なく,われわれが探し得た範囲では自験例を含め7例だけであった.症例は66歳の男性で,急性化膿性胆管炎,多発性肝膿瘍に続発した真菌性(candida glabrata)三尖弁心内膜炎に対してCarpentier-Edwards弁による三尖弁置換 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 56(11), 2345-2350, 1995

    J-STAGE 

Page Top