太田 帆麻 OOTA Homa

ID:9000253359785

関西医科大学第2外科 Second Department of Surgery, Kansai Medical University (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF BENIGE RETROPERITONEAL SCHWANNOMA

    YOSHIDA Ryo , TAKADA Hideho , HIOKI Koushirou , HAMADA Yoshinori , OOTA Homa , IIYAMA Hitoshi , SAWAGUCHI Taketo , MOURI Takashi , MORITA Mika , BOKU Tsunehide , TANAKA Kanji

    後腹膜神経鞘腫は比較的稀な疾患とされている.今回,われわれは腹痛を契機に発見された後腹膜神経鞘腫の1例を経験したので報告する.<br> 70歳男性で左側腹部の鈍痛を認め近医を受診しCT, MRIにて後腹膜腫瘍と診断され当院紹介となった.<br> 下大静脈,腹部大動脈造影では,腫瘍による血管の著名な圧排が認められた.血液,生化学検査では異常は認められなかった.切除した腫瘍は1 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 56(6), 1240-1244, 1995

    J-STAGE 

Page Top