井戸 政佳 IDO Masayoshi

ID:9000253361240

済生会松阪総合病院外科 Department of Surgery, Saiseikai Matsusaka General Hospital (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF PHLEGMON OF THE STOMACH

    IWATA Makoto , SASAKI Hideto , ITO Akihiro , IDO Masayoshi , KATO Kenji , KIDA Hideya , NAGANUMA Tatsushi , FUJIMORI Kenji

    胃蜂巣炎は胃の粘膜下層を中心に全層に広がるまれな非特異的化膿性炎症性疾患で,進行胃癌との鑑別に難渋する場合が多い.今回われわれは胃蜂巣炎と診断し保存的治療を行ったが,通過障害を来したため胃切除を余儀なくされた1例を経験したので報告する.症例は85歳男性,主訴は発熱と食欲不振.胃疾患の既往なく,入院半月前より発熱を認め,近医で肺炎の診断で加療を受けたが,食欲不振を認めるようになり内科入院.胃透視で前 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 57(11), 2703-2707, 1996

    J-STAGE 

Page Top