松尾 吉庸 MATSUO Yoshinobu

ID:9000253363546

大阪府立病院消化器一般外科 Department of Surgery, Osaka Prefectural General Hospital (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF PANCREATIC METASTASIS OF RENAL CELL CARCINOMA RESECTED 11 YEARS AFTER NEPHRECTOMY

    HUANG Tai-ping , TANAKA Yasuhiro , HONDA Masaharu , MATSUO Yoshinobu , FUSHIMI Hiroaki , TAKAO Tetsuto

    腎細胞癌手術後11年目の転移性膵腫瘍に対する1切除例を経験したので報告する.症例は64歳の女性. 1984年5月に右腎細胞癌にて右腎摘出術を施行された. 1993年5月, CT検査にて膵尾部に径2cm大の腫瘤陰影を指摘されたが放置. 1994年11月のCT検査では腫瘤の増大と膵尾部に新たに2個のenhanceされる腫瘤陰影の出現を認めた.腹部血管造影検査も同様に膵尾部に3個の腫瘍濃染像を示した.腫 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 58(10), 2421-2424, 1997

    J-STAGE 

Page Top