横川 雅康 YOKOKAWA Masayasu

ID:9000253367021

富山医科薬科大学第1外科 First Department of Surgery, Toyamsa Medical and Pharmaceutical University (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CHANGES IN WBC COUNT IN FEMORAL VEIN AND RADIAL ARTERY BLOOD IN PATIENTS UNDERGOING REPAIR OF ABDOMINAL AORTIC ANEURYSM

    YAMAGUCHI Toshiyuki , YOKOKAWA Masayasu , SUZUKI Mamoru , YAMAMOTO Masami , NAKAJIMA Kuniki , MISAKI Takuro

    虚血-再還流を受けた組織には白血球が集積することが知られている.腹部大動脈瘤手術においても腹部大動脈の遮断と解除がなされるため,下肢は虚血-再灌流に晒される.われわれは,腹部大動脈瘤手術後の下肢への白血球の集積の有無を検討するため,腹部大動脈瘤患者8例を対象として術前後に定時的に大腿静脈血中と橈骨動脈血中の白血球数を算定した.好中球数と単球数は腹部大動脈遮断解除後に静脈,動脈の両者において有意に増 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 59(2), 368-373, 1998

    J-STAGE 

Page Top