完山 泰章 KANYAMA Yasuaki

ID:9000253370691

小牧市民病院外科 Departments of Surgery, Komaki City Hospital (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF SUPERIOR MESENTERIC ARTERY OCCLUSION WHICH MIGHT BE RELATED TO ANTIPHOSPHOLIPID ANTIBODY SYNDROME

    FUJII Tsutomu , SUENAGA Hiroyuki , KIRIYAMA Kozo , TANIGUCHI Kenji , HIRAI Atsushi , KANYAMA Yasuaki , GOTO Kishiko

    症例は37歳,女性.昼食後突然の激烈な腹痛,嘔吐,下痢が出現し,当院救急外来を受診した.激しい自発痛の割には腹部所見に乏しく,イレウスとして経過観察入院となった.入院後の腹部造影CTにて上腸間膜動脈の血栓の存在が疑われ,緊急手術を施行した.開腹すると,腸管の大半が壊死しており,広範囲小腸切除術および右半結腸切除術を施行した.残存小腸はトライツ靭帯より約70cmであった.術後の精査で,ループスアンチ …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 60(7), 1917-1920, 1999

    J-STAGE 

Page Top