益澤 徹 MASUZAWA Toru

ID:9000253389743

市立池田病院外科 Department of Surgery, Ikeda Municipal Hospital (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • LIGATION OF THE LARGE SPONTANEOUS SPLENORENAL SHUNT DURING OPEN LAPAROTOMY FOR TREATMENT OF HEPATIC ENCEPHALOPATHY-A CASE REPORT-  [in Japanese]

    TOKUOKA Masayoshi , SHIBATA Kunitaka , HIRAO Takafumi , HAMANO Rie , MASUZAWA Toru , KOBAYASHI Tetsuro

    症例は64歳,女性, 2004年11月8日見当識障害を認め緊急入院となった.腹部CT,および腹部血管造影にて脾腎シャントと門脈血流の低下を認めた.門脈体循環シャントのため血中アンモニア値が上昇したことによる肝性脳症と診断し,開腹下脾腎シャント閉鎖術を施行した.術後7カ月経過した現在も,血中アンモニア値の上昇はなく,肝性脳症の再発を認めず食道静脈瘤の発生も認めていない.

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 67(3), 687-691, 2006

    J-STAGE 

Page Top