佐藤 壮郎 SATO Takeo

ID:9000253482831

Geological Survey of Japan Geological Survey of Japan (1972年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Behaviours of Ore-forming Solutions in Seawater

    SATO Takeo

    海底噴気堆積性鉱床の生成の際,海底に流出した鉱化溶液の挙動を明らかにするために,鉱化溶液が海水と混合した時の温度変化と比重変化を計算した.計算は次のような仮定に基づいて行なった.<BR>(1)鉱化溶液および海水を単純なNaCl水溶液とみなす.<BR>(2)混合溶液の温度は,上昇鉱化溶液と海水の温度と熱容量によってきまるものとし,熱伝導,反応熱,希釈熱などの影響を無視する.& …

    Mining Geology 22(111), 31-42, 1972

    J-STAGE 

Page Top