宇塚 岳夫 UZUKA TAKEO

ID:9000253500390

新潟大学 脳研究所 脳神経外科|Corresponding author Department of Neurosurgery, Brain Research Institute, Niigata University|Corresponding author (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Intra-arterial Chemotherapy During Interstitial Hyperthermia for Malignant Glioma: Two Case Reports

    UZUKA TAKEO , TAKAHASHI HIDEAKI , MORITA KOTARO , GRINEV IGOR P , TANAKA RYUICHI

    [目的] 悪性神経膠腫に対するアドリアマイシン (ADR) の高い抗腫瘍効果はin vitroでは認められているものの, in vivoにおける明らかな治療効果の報告は少ない.重要な原因の一つに血液脳関門の存在が考えられる.一方で加温による血液脳関門の破壊も広く知られている.今回は組織内加温時の血液脳関門の破壊と腫瘍への薬剤到達を期待し, 温熱併用化学療法を施行し, ADR濃度を測定し得た2症例を …

    Thermal Medicine(Japanese Journal of Hyperthermic Oncology) 20(2), 87-94, 2004

    J-STAGE 

Page Top