荒井 他嘉司 ARAI Takashi

ID:9000253586744

国立国際医療ゼンター呼吸器外科 Divisions of Thoracic Surgery, International Medical Center of Japan (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • Esophagobronchial Fistula and Empyema Resulting from Esophageal Carcinoma.  [in Japanese]

    Hippo Yoshitaka , Kabe Junzaburo , Kawana Akihiko , Yoshizawa Atsuto , Koshino Takeshi , Toyota Emiko , Kobayashi Nobuyuki , Kobori Oichiro , Arai Takashi , Kudo Koichiro

    症例は, 発熱・全身倦怠感を主訴に来院した59歳女性. 臨床的に右膿胸と診断したが, 胸水中のアミラーゼ高値と, 同液中に食物残渣を認めたことより食道穿孔を凝った. 食道造影および食道内視鏡で食道気管支瘻が確認され, 生検により食道癌と診断された. 外科的切除を行い, 術後7ヵ月を経た現在生存中である. 食道癌の経過中, 食道気管支瘻を形成する場合があるが, 通常は強い気道症状によって発見される. …

    The Japanese journal of thoracic diseases 35(5), 583-587, 1997

    J-STAGE 

  • 気管支鏡 (BAL, TBLB), 肺生検  [in Japanese]

    荒井 他嘉司 , 滝 康紀 , 高田 一男 , 松本 強 , 磯和 理貴 , 滝瀬 淳 , 浅川 三男 , 渡辺 篤 , 長谷川 幹 , 槙野 茂樹 , 川口 英人 , 高橘 建一 , 寺川 和彦 , 菅間 康夫

    The Japanese journal of thoracic diseases 32(Supplement), 336-339, 1994

    J-STAGE 

  • 胸膜・縦隔疾患3  [in Japanese]

    荒井 他嘉司 , 内藤 隆志 , 横山 彰二 , 青木 洋介 , 原 直彦 , 佐口 幸利

    The Japanese journal of thoracic diseases 30(Supplement), 452-453, 1992

    J-STAGE 

  • Diagnosis of Chest Malignant Diseases by Positron Emission Tomography Using 11C-Methionine.  [in Japanese]

    Miyazawa Hideki , Arai Takashi , Inagaki Keizou , Morita Takatomo , Yano Makoto , Satou Hideyuki , Ohuchi Motofumi , Nonaka Makoto

    <SUP>11</SUP>C-メチオニンを用いたPETで44例の胸部疾患の診断を行った. われわれは, 解像度の向上と定量的診断の簡便化を目的として, 呼吸波同期スキャン, ポジトロン血管造影, DARによる定量的評価を導入し, 良好な結果を得た. 悪性腫瘍は全例が明瞭に描出され, 解剖学的な位置関係や腫瘍の構造も鮮明であり, そのDARは4.47±0.95 (n=32) …

    Haigan 31(6), 885-893, 1991

    J-STAGE 

  • 胸膜・縦隔疾患  [in Japanese]

    荒井 他嘉司 , 土井 義之 , 植木 純 , 南 博信 , 池田 道昭 , 今泉 忠芳 , 本田 哲史 , 沖本 二郎

    The Japanese journal of thoracic diseases 28(Supplement), 390-393, 1990

    J-STAGE 

  • 気管支鏡1  [in Japanese]

    荒井 他嘉司 , 宮井 正博 , 桃木 茂 , 田中 満 , 山本 正人

    The Japanese journal of thoracic diseases 26(Supplement), 328-330, 1988

    J-STAGE 

  • Two surgical cases of non-Hodgkin's lymphoma arising from the empyema wall of patients treated with artificial pneumothorax.  [in Japanese]

    Kadokura Mitsutaka , Hirata Masanobu , Arai Takashi , Inagaki Keizo , Shinada Jun , Hayashi Yasuhumi , Tazima Yo

    昭和20年代に人工気胸の既往を持ち, 膿胸壁の胸膜珪朔氏から発生したnon-Hodgkinリンパ腫の2手術例を経験した.症例1は, 膿胸に対する胸膜肺全切除術後, 固定標本の割面から腫瘍合併の診断を得たため化学療法を行い, 術後21ヶ月にて寛解中である.症例2は, 術前から膿胸に悪性腫瘍合併の疑いを持つも確定診断を得られず, 診断と治療を兼ねて胸膜肺全切除術を施行.術後, 放射線及び化学療法を行い …

    Haigan 26(7), 795-801, 1986

    J-STAGE 

  • Clinical aspects of surgically treated large cell carcinomas of the lung.  [in Japanese]

    Arai Takashi , Kobayashi Kimiyoshi , Komatsu Hikotaro , Saotome Kazuo , Sawamura Kenji , Toyohara Hiroshi , Tajima Yo , Nakarai Ichiro , Norimatsu Katsumasa , 橋詰 誉也 , 橋本 正 , Akiyama Saburo , 平田 保 , Hiraga Takashi , Hiraoka Takenori , Hiro Yasumasa , Fujino Michitomo , Matsuyama Tomoharu , Minoda Setsuo , Mochizuki Koji , Yanai Noboru , Yamamoto Gyo , Ando Kihachi , Yoneda Ryozo , Yoshikawa Naotaka , Iriki Atsuhisa , Ishikawa Souji , Ishiwata Koichi , Izuchi Rokuro , Iwasaki Kenshi , Kuwahara Osamu

    肺大細胞癌切除例97例につき, 臨床的検討を行った.X線像では原発巣型が93.8%を占め, その過半数が径4cmを越えていたにもかかわらず, ブロンコファイバースコピーにて腫瘍可視が24.7%と少なかった.このことは, 大細胞癌には末梢発生が多いことを示唆している.p-TNM病期I期が40例 (41.2%), III期が46例 (47.4%) と, 進行例がやや多い傾向にあったが, 絶対的治癒切除 …

    Haigan 26(3), 267-277, 1986

    J-STAGE 

  • A resected case of yolk sac tumor of the mediastinum.  [in Japanese]

    Kadokura Mitsutaka , Matsuda Yoshihiko , Tajima Yo , Kase Masahiro , Yamamoto Noriaki , Inagaki Keizo , Kimura Soichi , Arai Takashi , Hirata Masanobu , Kurata Shoji , Otani Naoshi

    歳男性.健診にて縦隔異常陰影を指摘され受診.入院後約2週間の経過中, 腫瘤陰影の急速な増大および前胸部圧迫感の増強がみられたため, 腫瘍摘出+左肺全摘+心膜合併切除を準緊急手術として施行病理学的所見では典型的なYolkSacTumor (puretype) の組織構造を示し, AFP穎粒の局在も認められた.術後放射線療法および化学療法を施行したが, 全経過約8ヵ月で死亡した.今後多剤併用療法の進歩 …

    Haigan 26(3), 333-338, 1986

    J-STAGE 

  • 気胸・縦隔疾患I  [in Japanese]

    武野 良仁 , 早田 義博 , 松田 美彦 , 大谷 直史 , 鈴木 恒雄 , 井槌 六郎 , 平田 正信 , 荒井 他嘉司 , 稲垣 敬三 , 田島 洋 , 梅本 真三夫 , 伴場 次郎 , 加戸 靖 , 中村 雄策 , 香川 潔 , 大本 一夫 , 田中 一穂 , 斉藤 幸人 , 福中 道男 , 大迫 努 , 増田 与 , 野々山 明 , 中村 治彦 , 香川 輝正 , 幡手 雄幸 , 佐藤 洋湖 , 高梨 信吾 , 湯浅 光悦 , 石田 正文 , 工藤 優 , 高瀬 洋 , 中村 謙弥 , 小野寺 庚午 , 神尾 重開 , 小野 裕三 , 大熊 達義 , 長谷川 英之 , 大河内 明子 , 坂本 洋 , 鈴木 淳一 , 宮下 明 , 伊藤 進 , 松下 和彦 , 田中 健彦 , 上原 淳 , 広瀬 英生 , 河野 祐子 , 揚石 義夫 , 桃井 優 , 中山 貴裕 , 高橋 将 , 平 陽一 , 足立 山夫 , 友安 浩 , 谷村 繁雄 , 山田 哲司 , 正木 幹雄 , 松下 央 , 小田嶋 博 , 馬場 実 , 新妻 雅行 , 雨宮 隆太 , 於保 健吉

    The Japanese journal of thoracic diseases 24(Supplement), 316-320, 1986

    J-STAGE 

  • Suggestions on the generalapplication of TBLB

    Arai T.

    The Japanese journal of thoracic diseases 24(9), 941-942, 1986

    J-STAGE 

  • 気胸  [in Japanese]

    武野 良仁 , 杉岡 五郎 , 泉 清弥 , 生垣 浩 , 小西池 穣一 , 早川 道夫 , 大村 一郎 , 菅村 昭夫 , 中原 健三 , 坂井 定治 , 江川 勝士 , 中村 博 , 重松 善之 , 芥川 光男 , 青木 正和 , 武野 良仁 , 稲垣 敬三 , 平井 三郎 , 久保 秋夫 , 木村 荘一 , 荒井 他嘉司 , 平田 正信 , 矢口 慧 , 大谷 直史 , 鈴木 俊光 , 松田 美彦 , 田島 洋 , 松本 明石 , 武野 良仁 , 平林 健六 , 太田 正保 , 新実藤 昭 , 藤井 英樹 , 工藤 国夫 , 木下 肇彦 , 倉田 直彦 , 富永 滋 , 稲冨 恵子 , 川上 憲司 , 島田 孝夫 , 鹿志村 香 , 伊坪 喜八郎 , 勝山 直文 , 佐藤 武材 , 中島 弘之 , 萩原 隆 , 井槌 六郎 , 鈴木 祥朗

    The Japanese journal of thoracic diseases 21(Supplement), 104-106, 1983

    J-STAGE 

  • Clinical Studies on Fibrous and Granulomatous Mediastinitis  [in Japanese]

    Kimura Soichi , Inagaki Keizo , Arai Takashi , Hirata Masanobu , Suzuki Toshimitu , Yamauchi Noriko , Morimoto Kazudai , Miya Tetumasa , Tajima Yo

    Two cases of granulomatous mediastinitis and two cases of fibrosing mediastinitis were reported.<br>Both cases of granulomatous mediastinitis were admitted to our hospital complaining of chest p …

    The Japanese journal of thoracic diseases 21(3), 263-269, 1983

    J-STAGE 

  • THORACOSCOPY IN DIAGNOSIS OF PLEURISY WITH EFFUSION  [in Japanese]

    TAJIMA Yo , KUBO Akio , MORITA Taketomo , INAGAKI Keizo , ARAI Takashi , HIRATA Masanobu

    原因不明の胸水貯留疾患27例に対して, 胸腔鏡下に生検を施行した. 生検部位は肉眼的に所見の認められた病巣胸膜を24例, 腫脹した縦隔リンパ節を1例, 前上縦隔腫瘍を1例であつた. 胸膜生検の21例は本法にて結核性胸膜炎3例, 癌性胸膜炎17例. 胸膜中皮腫1例に確定診断をつけることができたが, 診断不能の結核性胸膜炎1例は抗結核剤投与によるいわゆる治療的診断によつて, また癌性胸膜炎の2例は, …

    Japanese Journal of National Medical Services 36(4), 335-339, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Clinico-pathological Study of Sclerosing Hemangioma of the Lung  [in Japanese]

    KIMURA Soichi , SUZUKI Tsuneo , TAJIMA Yo , EGUCHI Tatsuya , KUBO Akio , MORITA Taketomo , INAGAKI Keizo , ARAI Takashi , HIRATA Masanobu , MATSUDA Yoshihiko , SUZUKI Toshimitsu , OTANI Naobumi

    我々の施設において昭和48年以来9年間に切除した肺腫瘍は263例で, うち良性腫瘍は16例(6%)である. 良性腫瘍のうち, 肺硬化性血管腫は5例あり, それらにつき臨床病理学的に検討した. 症例は全例女性で, 30才代2例, 60才代3例に認められ, 全例無症状であつた. X線像としては本腫瘍に特徴的な所見が認められるが, X線上の診断は疑診の域を出ないし, 確定診断をつける意味からも外科的に処 …

    Japanese Journal of National Medical Services 36(12), 1212-1216, 1982

    J-STAGE 

  • 内視鏡I  [in Japanese]

    於保 健吉 , 荒井 他嘉司 , 中野 昭 , 鈴木 俊光 , 鈴木 恒雄 , 森田 敬知 , 森田 純一 , 平田 正信 , 松田 美彦 , 鶴田 正司 , 河原 正明 , 成田 弘達 , 荒井 六郎 , 近内 良信 , 古瀬 清行 , 石川 惟愛 , 大熊 達義 , 幡手 雄幸 , 小野 寺庚午 , 木村 正方 , 松井 哲郎 , 久保 秋夫

    The Japanese journal of thoracic diseases 20(Supplement), 26-27, 1982

    J-STAGE 

  • 肺腫瘍  [in Japanese]

    正木 幹雄 , 広瀬 宣之 , 松葉 健一 , 重松 信昭 , 白日 高歩 , 岡村 明治 , 小林 寛 , 木村 荘一 , 久保 秋夫 , 森田 敬知 , 稲垣 敬三 , 大島 貞男 , 荒井 他嘉司 , 平田 正信 , 松田 美彦 , 鈴木 俊光 , 大谷 直史 , 森田 純一 , 飯尾 正明 , 山内 則子 , 鈴木 恒雄 , 田島 洋 , 高田 実 , 玉井 精雄 , 根来 俊一 , 酒井 直道 , 吉永 健 , 福岡 正博 , 森野 英男

    The Japanese journal of thoracic diseases 20(Supplement), 160-162, 1982

    J-STAGE 

  • A Case of Lung Cancer Associated with Subclavian Steal Syndrome  [in Japanese]

    Kimura Soichi , Suzuki Tuneo , Morita Jun-ichi , Kubo Akio , Morita Taketomo , Inagaki Keizo , Arai Takashi , Hirata Masanobu , Matuda Yoshihiko , Suzuki Toshimitu , Ootani Naoshi

    64歳, 男性. 血疾, 左右の血圧差を主訴とし, 喀痰細胞診で class Vであり, 大動脈造影で, 左鎖骨下動脈の起始部の閉塞, 左椎骨動脈の逆流と, それの左鎖骨下動脈への流入が認められ, 肺癌に併発した subclavian steal syndrome と診断された. その原因は動脈硬化症によるものと考え, 肺癌に対して手術を施行し, 治癒手術があった.

    The Japanese journal of thoracic diseases 20(9), 1033-1037, 1982

    J-STAGE 

  • A Case of Superior Vena Cava Syndrome as a Complication of Behcet's Disease.  [in Japanese]

    KIMURA Soichi , KUBO Akio , MORITA Taketomo , INAGAKI Keizo , ARAI Takashi , HIRATA Masanobu , FURUHATA Kenichi

    42歳, 男性, 顔面および頚部の腫脹を主訴として入院した. 上大静脈造影像で左右腕頭静脈および上大静脈が閉塞しており, 手術にて上大静脈の血栓性静脈炎と判明し, それによる上大静脈症候群と診断した. その原因は Behçet 病によるもので, 副症状を主景とした「血管型」(Vasculo-Behçet) と呼ばれるものである.

    The Japanese journal of thoracic diseases 20(11), 1189-1193, 1982

    J-STAGE 

  • 気胸・のう胞・縦隔疾患  [in Japanese]

    森山 勝利 , 山田 順 , 杼窪 豊 , 矢那瀬 信雄 , 本多 純 , 相馬 一亥 , 高橋 唯郎 , 大塚 洋久 , 冨田 友幸 , 田崎 義昭 , 上野 陽一郎 , 三上 洋 , 中島 真樹 , 岡田 慶夫 , 荒井 六郎 , 喜多 舒彦 , 鶴田 正司 , 山本 暁 , 河原 正明 , 古瀬 清行 , 中村 憲二 , 中元 賢武 , 山本 宏司 , 井内 敬二 , 森 隆 , 長岡 豊 , 沢村 献児 , 石塚 葉子 , 永井 厚志 , 川上 雅彦 , 金野 公郎 , 滝沢 敬夫 , 伴場 次郎 , 常田 育宏 , 正木 幹雄 , 香田 繁雄 , 松下 央 , 坂本 滋 , 山口 繁 , 岩波 洋 , 渡辺 和朗 , 安西 吉行 , 会田 博 , 中島 昌道 , 木村 清延 , 小林 久 , 大橋 教良 , 吉岡 敏治 , 曽根 脩輔 , 八木 一之 , 小鯖 覚 , 宮本 好博 , 畠中 陸郎 , 松原 義人 , 二宮 和子 , 阿部 庄作 , 池田 貞雄 , 船津 武志 , 桑原 利章 , 島越 義房 , 佐々木 忠 , 柳沢 正弘 , 亀谷 寿彦 , 佐川 宏明 , 木村 荘一 , 森田 敬知 , 大崎 饒 , 稲垣 敬三 , 荒井 他嘉司 , 平田 正信 , 田島 洋 , 門沢 克俊 , 友安 浩 , 伴場 次郎 , 正木 幹雄 , 小田切 繁樹 , 田中 益雄 , 村尾 誠 , 池田 大忠 , 鈴木 周男 , 北村 均 , 木村 荘一 , 森田 敬知 , 稲垣 敬三 , 荒井 他嘉司 , 平田 正信 , 森本 和大 , 宮 哲正 , 原田 一紀 , 道端 哲郎 , 松田 美彦 , 鈴木 俊光 , 山内 則子 , 田島 洋 , 門沢 克俊

    The Japanese journal of thoracic diseases 19(Supplement), 222-229, 1981

    J-STAGE 

  • 1 / 2
Page Top