松葉 健一 Matsuba Kenichi

ID:9000253621258

北九州市立松寿園内科 Department of Internal Medicine, Kitakyushu Shojuen Hospital (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Adenocarcinoma Presenting as a Cavitary Lesion with Niveau Formation.  [in Japanese]

    Matsuba Tokuji , Matsumoto Koichiro , Tsukita Shinki , Kuwano Kazuyoshi , Yamazaki Hiroshi , Andou Kouji , Fujiki Tetsuro , Matsuba Kenichi

    原発性肺癌で胸部X線写真上ニボーを伴う透亮像の腺癌例は稀とされている. われわれは肺結核と誤診されたこのような症例を経験した. 症例は63歳の非喫煙女性. 胸部X線写真にて左下肺にニボーを伴う空洞様陰影を指摘され, 気管支鏡検査時の気道分泌物で抗酸菌陽性であった. 抗結核剤の投与にて軽快せず, 左下葉切部術が施行された. 肺癌例における空洞の形成機序を考える上でも興味深い症例と思われるので, 診断 …

    The Japanese journal of thoracic diseases 31(6), 780-784, 1993

    J-STAGE 

Page Top