木下 英明 KINOSHITA Hideaki

ID:9000254048914

活水女子大学 Kwassui Women's College (1991年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Dialysis Membrane-Covered Graphite Paste Electrode as a Sensor for Ascorbic Acid.  [in Japanese]

    KINOSHITA Hideaki , YOSHIDA Daisuke

    グラファイトペースト電極表面に透析膜を被覆した電極を用いることで, 多くの生物試料に存在するタンパク質の影響を受けることなくアスコルビン酸の酸化電流を得ることができた.本電極では定電位での測定が可能で, 電圧掃引法に比べて再現性が良好で簡便・迅速であった.定電位 (0.2~0.5V) での電流値はアスコルビン酸濃度に1μM~1mMの間で直線的に比例した.より酸性溶液および, より負の電位で測定すれ …

    Journal of Home Economics of Japan 42(11), 979-982, 1991

    J-STAGE 

Page Top