稲葉 憲之 INABA Noriyuki

ID:9000254062423

平成18年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「周産期・小児・生殖医療におけるHIV感染対策に関する集学的研究」班 National Cooperative Study Group supported by The Ministry of Health, Labour and Welfare (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Current Status of Mother-to-Child Transmissions of HIV in Japan  [in Japanese]

    OZAKI Yoshikazu , WADA Yuuichi , TSUKAHARA Yuki , INABA Noriyuki , TOGAWA Masao , KASAI Takeo , OHBA Satoru , KUNIKATA Tetsuya , YOSHINO Naoto , ENOMOTO Teruko , TOTANI Ryozo , KITA Tsunekazu

    目的: HIV感染女性から出生した児について, HIV母子感染 (MTCT) 予防対策の効果を検証すること. 非感染児における抗ウイルス薬曝露の影響を調査すること. 感染児服おける病態と診療実態を調査すること.<BR>方法: 8年間にわたり, 全国の病院小児科服アンケート調査を行った. 一次調査でHIV感染女性から出生した児を診療した経験があるかどうかを質問し, 経験のある施設に対して …

    The Journal of AIDS Research 10(2), 107-117, 2008

    J-STAGE 

Page Top