内藤 周幸 Naito Chikayuki

ID:9000254093021

東京逓信病院内科 Department of Internal Medicine, Tokyo Teishin Hospital (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Utility of FUT-175 as an anticoagulant in plasmapheresis, with special reference to usage for patients with bleeding tendency or hyperlipidemia  [in Japanese]

    Ito Hiroo , Naito Chikayuki , Hayashi Hiroshi , Kawamura Mitsunobu , Miyazaki Shigeru , Shono Shigeaki

    出血傾向または脂質代謝異常を有する患者3例に対して, 抗凝固薬として蛋白分解酵素阻害薬であるFUT-175を用いてプラスマフェレーシスを施行した. 出血傾向を有する患者2例には二重濾過血漿交換 (DFPP) を行い, V型高リポ蛋白血症の患者1例には, 遠心式血漿分離装置と血漿濾過器を組み合わせた遠心濾過プラスマフェレーシス (CFPP) を行った. 血液凝固時間は, セライト活性化凝固時間法によ …

    Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 21(10), 919-923, 1988

    J-STAGE 

Page Top