木村 方之 Kimura Masayuki

ID:9000254093695

東京都済生会中央病院腎臓内科 Division of Dialysis and Nephrology, Saiseikai Central Hospital (1990年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An easy outpatient protocol for CAPD peritonitis and its therapeutic value.  [in Japanese]

    Nakao Toshiyuki , Tomonari Haruo , Kaguchi Yoshihiko , Kimura Masayuki , Utsunomiya Masanori

    CAPD腹膜炎患者を入院することなく, 外来通院にて治療することを目的として, プロトコールを考案した.<br>本プロトコールで用いた抗菌剤はバンコマイシン (VCM) およびトブラマイシン (TOB) ならびにオフロキサシン (OFLX) である. VCMは腹膜炎発症第1病日と第7病日の2回, 30mg/kgを一度に2<i>l</i>のCAPDバッグ内へ投与し …

    Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 23(10), 1185-1189, 1990

    J-STAGE 

Page Top