相楽 達男 Sagara Tatsuo

ID:9000254096125

埼玉医科大学総合医療センター第4内科 Fourth Department of Internal Medicine Saitama Medical Center, Saitama Medical School (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Rapidly progressive aortic calcific stenosis in a patient undergoing longterm continuous ambulatory peritoneal dialysis.  [in Japanese]

    Song-Su Kim , Tamura Hirokazu , Hirose Satoru , Sagara Tatsuo , Itoyama Shinji , Mitarai Tetsuya , Isoda Kazuo

    症例は69歳の男性で慢性腎不全のため1986年, CAPDに導入した. 腹膜透析液はBaxter社製ダイアニールを1日4回の交換としていたが, 血清Mg濃度が高値となったためMg濃度が低いダイアニールPD2に変更した. 特記すべき合併症もなく良好に経過したが, 1988年6月に初めて大動脈弁無冠尖の石灰化を指摘された. 定期的心エコー検査で経過観察していたが, 弁石灰化は急速に進行し, 1991年 …

    Nihon Toseki Igakkai Zasshi 27(7), 1081-1085, 1994

    J-STAGE 

Page Top